クリエイティブと社会をつなぐGAS AS INTERFACE

メールアドレスを登録してください!

News

2010. 08. 24

【伊勢丹彩り祭】 13人のアーティストが表現する生物多様性


header.gif

13名のアーティストが作品を制作しました。
現在、伊勢丹新宿店本館ショーウィンドウ及び館内にて展示中!
会期終了後、チャリティーにて販売いたします

http://kiss-the-earth.jp/13artists


この度、ガスアズインターフェイス株式会社(代表取締役 西野慎二郎、東京都港区、以下GAS AS I/F)では、株式会社伊勢丹の「彩り祭チャリティーキャンペーン」において、13名のアーティストのコーディネーションを担当いたしましたことをお知らせいたします

伊勢丹の全館キャンペーン「彩り祭チャリティーキャンペーン」において、「19 Animals × 13Artists 13人のアーティストが表現する生物多様性」と題し、13名のアーティストが作品を制作。伊勢丹新宿本店の、本館ショーウィンドウ及び館内各所にて展示されています。

材料には各所に施されたの装飾と同様、生産工程で発生する廃棄処分される生地や、作家の手元にある残反やリサイクル素材を使用し、「生物多様性がもたらす多くの恵みを守る」というメッセージを、19種類の動物の造形を通して、13名のアーティストが作品として思い思いに表現しています。
これらの作品は期間中展示された後、抽選販売され売りあげは全てWWFジャパンへ寄付されます。

【参加アーティスト】(五十音順)

編み師203gow、ayumi iguchi、磯崎 道佳、加賀谷 潤、Shinobu、スサイタカコ、丹地 香、外川 大作、nuico、野口 祐輔、POTTO、山縣 良和、ヨシエ

【作品一覧】
今回制作された作品は下記の特設サイトよりご覧いただけます。
http://kiss-the-earth.jp/13artists

【チャリティ販売について】

伊勢丹では、極東ロシアの森の動物や植物をモチーフにしたアート作品をチャリティ販売します。生地の製造工程で出る端切れや、織ムラ、色ムラのため廃棄処分される生地、リサイクル材といった素材に、13名のアーティストがアートという価値を吹き込み、唯一無二の作品に仕上げました。期間中、新宿店本館ショーウィンドウや各階で展示後、抽選販売いたします。

展示・応募期間:8月25日(水)~9月21日(火)
応募方法:伊勢丹本店に設置の専用応募用紙にて、もしくはhttp://kiss-the-earth.jp/13artistsよりご応募ください

※チャリティへのご参加は、現金のみとさせていただきます。各種ご優待も除外とさせていただきます。
※消費税を除く全額がチャリティ金となります。
※チャリティ金はWWFジャパンに寄付され、極東ロシアの「アムールヒョウの森」回復・保護プログラムほか、アジアの森林保全活動に役立てられます。
※ご購入方法ほか、詳しい情報は8月25日(水)からhttp://kiss-the-earth.jp/13artists/をご覧ください。
※事情により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

--------------------------------------------------------------------------
*PDFのプレスリリースを下記よりダウンロードいただけます
http://gas.main.jp/download/irodori2010dp.pdf
--------------------------------------------------------------------------


*本件、企画についてのお問い合わせ:
伊藤 (yumi.ito@gasasif.com)


*プレス関係者のお問い合わせ
: 
中澤(press@gasasif.com)

ガスアズインターフェイス株式会社

〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 ASAI bldg
TEL : 03-5775-0825 FAX : 03-5775-0826